3分間でよく分かる人生の意味、生きる意味はなんですか?

魔法のヒント11

  • HOME »
  • 魔法のヒント11

 


{魔法のヒント ⑪}

あなたは神様の気持ちを考えたことがありますか?

<神の条件>

* 全知全能、宇宙の隅々まで知らない事も分からないことも無い。

* できないことや不可能は無い。

* 肉体が無いから寿命も死もない。

* 食事はしないから働く必要もない。

* 永遠に続く平和と幸福。

神の国というのは究極の理想社会だ。

毎日楽しく遊んで暮らせばいい。

私はとりあえず、この天国での生活を具体的に想像してみることにした。

するとここで困ったことに気が付いた。

ちょっと待て 、天国では何をして暮せばいいんだろう?

今まで漠然と、天国は楽しくていい所だと思っていた。

 

しかし天国での生活を実際に想像してみると、

どうしても現在の生活より退屈で面白くない生活になってしまう。

 

例えば、神様に肉体は無いから、スポーツ、美食、SEX、etc‥‥はできない。

スポーツカーやTV、プール付きの家も必要ない。

揉め事や事件が無いからニュースもいらない。

宇宙の隅々まで知っているので旅行も面白くない。

よ~く考えると天国は、すごくつまらない所のような気がしてきた。

もし僕が全知全能で、欲望も肉体も持ってないとするとやることは何もない。

何でもできるというのは、何もすることが無いということだ。

神様は毎日いったい何をしているのだろう?

ヒマでヒマでしょうがないはずだ。

神様が退屈しているかもしれないなんて、今まで考えもしなかった。

 

もしかすると全知全能というのは、

ものすごく不幸なことなんじゃないだろうか?

 

しかも多分、神様は不 老不死だ。死ぬこともない。

成長も変化もない、何もすることのない永遠に続く時間。

これは未来の無い永遠に続く監獄みたいなもんだ。

 

全知全能、不老不死というのは究極の不幸だ。

 

私は少し神様が気の毒になってきた。

でもよく考えてみれば現代社会も天国と同じで結構退屈だ。

休日にやることがなくて退屈していることもよくある。

現在、私達は退屈な日常の暇つぶしによくゲームをする。

同じ理由で、この現実世界も神様が創ったゲームなのかもしれない。

 

退屈している人間は、暇つぶしにTVゲームを作った。

退屈している神様は、暇つぶしに世界を創った?

 

どちらも「暇つぶし」以外には何の役にも立たない。

そういえば、

オリンピック、ワールドカップ、TVゲーム、ディズニーラ ンド、F1レース、映画、etc‥‥

大金と時間と手間かけて創っているのはどれも役に立たない暇つぶしばかりだ。

いい年した大人が100Mのかけっこで金メダルを欲しがり、

ボール遊びのサッカーで世界中が泣き笑いのお祭り騒ぎをする。

 

そして現在の世界の飢餓人口8億人という事実。

バカバカしいけどこれが現実だ。

やっぱり世界の目的は「退屈しのぎのゲーム」なんだろうか?

 



前のページへ戻る

PAGETOP
Copyright © 魔法の哲学 All Rights Reserved.