3分間でよく分かる人生の意味、生きる意味はなんですか?

魔法のヒント13

  • HOME »
  • 魔法のヒント13

 


{魔法のヒント ⑬}

E=MC2 (物質=エネルギー)

原子爆弾のもとになった理論だ。

世界に存在するものは、すべてエネルギーで出来ている。

物質、光、運動、熱、思考、目に見えるもの、見えないものetc‥‥

それぞれエネルギーの量と形態は違うが根本的に素材は同じだ。

自分の肉体もエネルギー
自分の行動もエネルギー
自分の言葉もエネルギー
自分の思考もエネルギー

当然、自分の言葉や思考も、自分の行動と同じように現実世界に影響を与える。

例えば、あなたが自分の頭の中で何かを考える。

そのエネルギーは、量が少なくて弱いから見た目にすぐ変化はあらわれない。

しかし発生したエネルギーは確実にどこかに影響を与える。

スポーツでも人生でも頭の中で成功のプラスイメージをすることの大切さは

今更ここで説明するまでもないだろう。

ただ思考のエネルギーは量が少ない為、現実世界に影響を与えるようになるまでに

時間と反復が必要になる。

根気のない人には無理だ。

頭の中からマイナスイメージを完全に消し去るのも難しい。

だからといって 肉体を実際に動かして行動するのはもっと大変だ。

 

じゃあどうすればいいのか?

ここで上記の行動、言葉、思考をエネルギーの量で較べてみよう。

エネルギーの多い順に並べると

行動エネルギー>言葉エネルギー>思考エネルギー

 

こういう順番になる。

この中で利用するのが一番簡単なのは言葉エネルギーだ。

言葉というのは書いたり、話したりするだけでいい。

実際に行動するよりは簡単だ。

しかも思考エネルギーより現実に与える影響は大きい。

たとえ自分の失敗が頭の中でイメージされたとしても、

 

「自分は成功する。」

 

これを言葉にして発声すれば、失敗の思考エネルギーは打ち消される。

もちろん言葉エネルギーは行動エネルギーよりは弱い。

現実世界に影響を与えるにはやはり反復と時間が必要だ。

でも思考エネルギーより効果が現れるのは早いだろう。

もし効果が全く無くても、失うのは一日ほんの数秒の時間だけだ。

試してみる価値はあるだろう。

ただここで一つだけ注意点がある。

 

「金持ちになりたい。」
「キレイになりたい。」
「成功したい。」
「勝ちたい。」

 

この「何々した い。」というのは言葉にしてはダメだ。

例えば「金持ちになりたい。」という言葉は「金持ちになりたい自分。」

つまり現在、貧乏で金持ちになりたいと願っている自分。

これが実現してしまう。

言葉の使用法を間違えると大変だ。

「何々したい。」ではなく必ず「何々できる。」こういう使い方をする必要がある。

ここでいい魔法の呪文を紹介しましょう。

 

「毎日すべてがどんどん良くなってゆく。」

 

これを一日3回寝る前に言うだけでいい。

これだけです。

他になにもすることはない。

何かをイメージしたり、心を込めたりする必要もない。

効果があると信じる必要もない。

効果の保証はできませんが試してみて損はないと思います。

とりあえず騙されたと思ってやってみて下さい。

 

 



前のページへ戻る

PAGETOP
Copyright © 魔法の哲学 All Rights Reserved.